トレチノインで美白効果を得ようと考える方が多々いますが、美白になりたいのならハイドロキノンをお勧めします。ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれるので、トレチノインよりもはるかに美白効果を得られるでしょう。

シミやくすみに効くハイドロキノンは保険適応外

2001年の薬事法の規制緩和により市販化されたハイドロキノンは、メラニン色素の生成を促進する還元酵素チロシナーゼの活性化を抑えメラノサイトの形成を抑制し、シミやくすみの除去に効くとされていますが、保険の適応外となっています。
ハイドロキノンは、既に気になっているシミやくすみだけでなく、これから生成されるメラノサイトの形成も抑制する事から、メラノサイトの絶対数が減少しシミやくすみなどの除去に効くとされています。
ビタミンC誘導体やアルブチン等もシミやくすみに効くとされていますが、既に形成されているシミやくすみに対応するだけで、肌の最下層真皮で形成されているメラノサイトに対しての効用は少ないとされ、アルブチンやビタミンC誘導体等の10倍~100倍の効用があります。
ハイドロキノンは、濃度が高いほど美白効果が高いとされていますが、細胞毒性も高い為に濃度が高すぎると白斑やかぶれ、アレルギーの症状を引き起こすケースがあります。その為、配合濃度が4%以下の薬剤が、副作用が少なく薬剤の種類も数多く販売されています。
白班は、高濃度ハイドロキノンを使用した部分の肌がランダムに斑点の様に白くなり過ぎる状態です。
保険の適応外の為に医療機関を受診する事無く個人で購入するケースが多いハイドロキノンは、1箇所のシミやくすみに対して長期間継続して使用すると肌に大きな負担がかかる為に、肌に耐性が出来てしまいハイドロキノンの効果が薄れるケースがあるので、3ヶ月から1年を限度に使用すると良いとされ、トレチノインとの併用が更に効果を高めるとされています。
又、ハイドロキノンは保険適応外なので、医療機関によって処方されるハイドロキノンの濃度や価格も異なります。