トレチノインで美白効果を得ようと考える方が多々いますが、美白になりたいのならハイドロキノンをお勧めします。ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれるので、トレチノインよりもはるかに美白効果を得られるでしょう。

ハイドロキノンとキュレルの商品で女性の肌を美しく

多くの女性はシミのない白い肌を目指しています。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、シミの原因であるメラニン色素を生成するメラノサイトそのものを抑制します。現在は様々な種類の化粧品が販売されており、その有効成分も種類が豊富です。中でのよく用いられるのがプラセンタとビタミンCです。ハイドロキノンはこれらの成分の10~100倍もの美白効果があります。ハイドロキノンはすでにメラニン色素が定着してシミになってしまった肌にも効果があるので、年齢に関係なく全ての女性が効果を実感できます。市販には濃度1~4%のハイドロキノンクリームがあり、パッチテストで異常がなければ洗顔後に塗布します。一方で美白だけを追求しても肌のカサつきを抑えることはできません。外からの刺激に敏感な女性は、健康的な肌に欠かせない潤い成分のセラミドが不足しています。角層のバリア機能が維持できないため、肌荒れが起こりやすくなっています。キュレルは洗浄と保湿の観点から肌本来のバリア機能を取り戻すセラミドケアを行うのが目的です。キュレルのフェイスケアでは、洗顔から化粧水、乳液、クリームまでのスキンケアが揃っており、潤いが高密度で補給された肌を作ります。また女性はメイク落としの際にもセラミドを洗い流すことがあるので、クレンジング商品もあります。肌になじみやすいジェルタイプで、口紅やファンデーションを隅々まで落とします。ハイドロキノンを塗布すると、紫外線に当たるのを避けなければなりません。そこでセラミドを補給しつつ紫外線のダメージをカットするキュレルのUVカットシリーズがおすすめです。これらの商品が敏感肌の人がすでにパッチテストを行った低刺激のものです。